依存症は病院で治そう│度を越して依存している場合は診察が必要

治療を受ける

病院の先生

依存症の治療は、個人や周囲の家族だけではとても難しいものです。依存症の治療は、病院や専門機関の力を借りて行なうことが必要になります。現在は、アルコール依存症専門の病院や、ギャンブル依存に特化した治療を行なっている病院など、依存症の種類によって専門病院が出てきています。該当する依存症を主に扱っている病院を選ぶと、専門プラグラムなどを受けることが可能になります。まず、依存症の治療が行われる際には、どの程度依存を抱えているのかが問題になります。アルコール依存や薬物依存、摂食障害など、日常生活を送ることが困難なレベルの場合は、入院することが必要になります。入院しながら、投薬治療や精神療法が行なわれます。精神療法でよく利用されているものがグループで話し合うというものです。集団精神療法とよばれるものでもあり、同じ問題を抱えている人たちが集まり、話し合うことで問題解決について考えることができるというものです。また、グループで話合う際に、認知行動療法という療法もよく取り入れられています。飲酒問題を整理し、自分の考え方と行動を同時に見なおすという方法で、考え方を変えることで依存症を軽減させることができます。

依存症を抱えている人の中には、程度が軽く日常生活をおくることが可能な人たちもいます。また、入院等で断酒などを行ない、日常生活に戻っていったという人も多いです。そのような人たちのために、定期的に通院して依存症の治療を行なうということがあります。依存症は一度解決したと思っていても、再度何かのきっかけで再発してしまうということも珍しくありません。そのため、長期的に治療を行なっていくということが大切です。アルコール依存症の場合は、再飲防止のプログラムが細かく行なわれることも多いです。他の依存症でも、ストレスを抱えた時の解消方法のミーティング等が定期的に取られており、再度依存症に悩まされることがないように多くのケアを行っていきます。依存症になってしまうと、もう日常生活に戻れないのではないかと自暴自棄になってしまうことや、意志が弱いと自分で自分を責めてしまい、かえって悪い効果になってしまうこともあります。しかし、依存症としっかりと向き合うことで日常生活をおくることもでき、その後も普段通り生活することができます。依存症も早い段階だとやめやすく、その後も楽に治療を進めていくことが可能です。早めに病気と向き合い治療を行なうことが大切です。