依存症は病院で治そう│度を越して依存している場合は診察が必要

依存症の原因

頭をくしゃっとする

依存症は、誰しもが抱える可能性のある病気です。依存症になったきっかけは、非常にささいなことだったということも多いです。ストレス解消のつもりでお酒を飲んだ、タバコを吸った、買い物をしたというような行動から、エスカレートしていくということもあります。ほどほどにしてやめられれば問題無いですが、気がついたら日常生活に問題がでるレベルになってしまうということも多いです。なお、依存の原因は物質依存とそれ以外の依存によって多少異なります。アルコールやニコチンなどの依存の場合、脳の神経細胞が異変を引き起こしていることが原因です。アルコールやニコチン、そしてドラッグなどは脳神経を変化させる働きがあります。多少の摂取であれば、すぐに変化することはありませんが、長期的にアルコールやニコチンを摂取することで脳神経がその物質がないと正常を保つことができないというような症状が出てきます。また、一度変化した場合、脳神経に耐性ができることから、これまでの量では正常を保つことができなくなり、徐々に摂取量が増えていくということになります。

物質依存以外の依存症の場合は、ドーパミンと呼ばれる脳内物質が大きく関わっています。行動依存を行なっている際には、脳内でドーパミンが過剰に分泌されます。もともとストレスを抱えている状態で、ドーパミンが分泌されると、通常よりも快楽を感じるようになります。この状態が続くことにより、脳がドーパミンを求めるようになり、特定の行動に執着するようになります。ギャンブルやゲーム、買い物などが行動依存の代表的なものですが、他にも楽しいと思えることがあれば依存症につながる可能性があります。また、物質依存と同様に耐性がついてくるので、以前感じたものでは足りないと感じるようになり、より強い刺激を求めるようになります。このサイクルが続くと、どんどん強い刺激を求めるようになり、依存はさらにエスカレートしていきます。