依存症は病院で治そう│度を越して依存している場合は診察が必要

物質依存の種類

アルコール

依存症という言葉は、多くの所で使われているので、聞いたことあるという人も多いのではないでしょうか。依存症の中でも有名なのが物質依存と呼ばれるものです。物質依存の中には、アルコール依存症やニコチン依存症と呼ばれるものがあります。特定の物質を過剰に摂取することが多く、摂取しないと精神的に不安定になることや禁断症状と呼ばれる様々な症状が出てきます。禁断症状が出ると、我慢することができなくなりその物質を大量に摂取することになります。私生活にも影響を与えてしまうことも多く、自分自身をコントロールできなくなることから、体に悪影響を与えるまで摂取していきます。依存症が続いていくと、体をボロボロにしてしまうことも多く、そのまま病気につながることも少なくありません。

物質依存の中で、最も多くの人が悩んでいるものがアルコール依存症です。お酒は嗜む程度なら問題無いですが、自分でコントロールできなくなってしまい、やめられなくなってしまいます。飲酒を続けていくと耐性ができてくるので、さらに飲酒の量が増えていきます。飲む時間やの無料がどんどん増えていき、私生活に影響が出てきます。体に悪影響が出ても飲み続けることになり、お酒を飲む時間が多くなることから、遅刻や欠勤などが増えることや、判断力が鈍り仕事ができなくなってしまう事例や周囲の人と飲酒に関して注意されて衝突をしてしまうということも少なくありません。これらは本人の意思の弱さというよりも治すべき病気であり、病院でしっかりと治療を受けることが大切です。現在はアルコール依存症についての研究も進んできており、アルコール依存症を専門で治療する病院も出てきました。かつてアルコール依存症で悩んでいる人も入院や通院治療を行なって、社会に復帰しているという人もいます。アルコール依存症の症状があるうちは、仕事や私生活など様々な所で悪影響が出てきます。トラブルが増えることからさらにお酒を飲んで症状を悪化させてしまうことも多くあります。悪循環を断ち切るためには、専門機関でしっかりと治療を受けて向き合うことが大切です。アルコール依存症としっかり向き合うことで自分自身や周りの人の未来を明るくしていくことが可能です。