依存症は病院で治そう│度を越して依存している場合は診察が必要

依存症から立ち直りました

身近な所から

こめかみに指を当てる

毎日の生活の中でお酒やタバコを嗜むという人も多いです。たしなむ程度であれば、毎日の生活の癒しにもなりますが、度を過ぎてしまうと、身体を壊してしまうことにもつながります。エスカレートすると自分でコントロールができなくなり、日常生活に大きな影響を与えてしまうのです。依存症と呼ばれる症状になると、日常生活で過剰に摂取することで、仕事がままならなくなることや、周囲の人と衝突してしまうということもあり、様々なトラブルの原因につながります。依存症は、アルコールやタバコだけではありません。ギャンブルや買い物依存、異性に依存するなども含まれます。依存は主に3つの種類に分けることができます。多くの人に知られているものが物質依存と呼ばれるもので、アルコールやニコチン、薬物に依存するものです。また、ギャンブルや買い物依存などの依存は行動依存とよばれます。摂食障害も行動依存に含まれることがあります。あまり表に出ず、周囲から依存が見えにくいものが関係依存と呼ばれるものです。異性に依存することや、セックス依存などがあり、度を越すとDVやストーカーというものにつながることがあります。また、共依存というお互いに依存した関係は、何か問題が起きた時に解決しにくくなります。依存症は、まずは自分がそうであると認めることが治療の第一歩です。

依存症の治療は、本人や周囲の人達だけで解決することはとても難しいです。依存症は、脳内物質が変化していることや、依存となっているものに対してドーパミンが強く出るということが原因となって発症することが多く、本人の意志で起こっている問題だけではありません。現在アルコール依存症を中心に、様々な依存症の専門機関や病院があります。専門機関や病院に行くことで、様々なケアを受けることができます。病院や専門機関での治療や、薬物療法とグループ療法というものがメインで行なわれます。同じ病気を抱えた人たちが集まって話をすることで、問題の認識を変えていくというものです。実際に依存症から抜けだした人の話を聞く機会も多く、自分の問題をしっかりと見つめなおすことができます。また、依存症は再発も高いことから、再発防止についても考えることが必要です。再発防止のグループワークや、日常生活のストレスを解消するためのワークなど様々な取り組みも行なわれています。

ピックアップコンテンツ

アルコール

物質依存の種類

依存症の中でも、最も有名なのがアルコール依存症です。アルコール依存は物質依存とも呼ばれており、他にもニコチンや薬物などに依存することがあります。アルコール依存症は私生活や仕事に大きな影響を与え、体にも害があります。

ギャンブル

行動に固執する

行動依存とよばれるものは、特定の行動に固執し、その行動をずっと続けていく依存症です。買い物やギャンブル依存症になることが多く、現在問題になっている摂食障害も行動依存の一つです。

手をつなぐ

相手に依存する

依存症には、ある人間関係に固執する関係依存と呼ばれるものもあります。関係依存の場合、恋愛や異性に固執することが多く場合によってはDVやストーカーという犯罪を犯す場合もあります。

頭をくしゃっとする

依存症の原因

依存症のきっかけは日常生活のささいなことだったりもします。ストレスを受けた状態で特定の行動を行い、快感を感じると脳内で過剰にドーパミンが分泌されることから次第に行動がエスカレートしていくということがあります。

病院の先生

治療を受ける

依存症は病院や専門機関で治療を受けることができます。家族や本人だけだと依存症を改善させることが難しいこともあるので、専門機関に行きながら病気と向き合っていくという姿勢が大切です。

最新一覧